aDvance aDvance Revolution、略してDDR。気が向いたときに書く音ゲーの話題メインの雑記です。  
by extra_schlagwerk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


なぜAC版beatmaniaIIDXはCSよりも光りにくいのか?

結論から言います。
アーケードは判定が厳しく、家庭用は判定が甘いからではありません。
家庭用で出したスコアが本当のスコアです。
このことは公式に問い合わせてみればわかります。

「AC beatmaniaIIDXは9th以降判定が厳しくなったのか?」
「家庭用はアーケードに比べて判定を甘くしてあるのか?」

いずれも、判定は変えてないと返ってきます。
ここで、この返答が嘘を言っているのではないかと思う人も居るかと思います。
確かに、企業は自分達にとって不都合な情報は公開したがらないものですが、beatmaniaIIDXはアーケードと家庭用と家庭用で判定が違うかどうか、この質問に答えることはコナミという大企業にとっては不都合でも何でもありません。
よって、ここでは嘘を言っていないものと考えます。
それ以前に、嘘の返答をするくらいなら、返事を返さないでしょう。

では判定が同じなのになぜ、アーケードは光りにくいのでしょうか。


アーケードの鍵盤は9th以降、コンバータを通して、基板であるPCにUSB接続されているのですが、このコンバータの性能が悪いことが1つの可能性として考えられます。
コンバータの性能が悪い、つまりレスポンスが悪いということです。
ではなぜ、レスポンスが悪いと光りにくくなるのか。
鍵盤を叩いてから基板に伝わるまでの時間にばらつきが出てくるからです。
反応が遅いのはいつものこと。
ここで一番問題なのは、遅れるときと大幅に遅れる時があるということです。
遅れるのか、大幅に遅れるのか、あるいは超大幅に遅れるのか、オブジェ1個1個で違います。
正確には3段階だけではなく、無数の段階があります。
AC beatmaniaIIDXは毎回判定がズレてる気がして気持ち悪いという違和感を感じた人も中には居ると思いますが、その違和感の原因がこれなのです。


ここで、1つの実験結果を挙げてみます。

PCでBMSをやります。
専用コントローラーを接続するためには、PSコントローラー用のコンバータが必要です。
そこで、某PSコントローラー用USB接続コンバータを購入しました。
後から知ったのですが、そのコンバータはレスポンスが悪く、評判が悪いことで有名だったそうです。
その後、高レスポンスで有名なコンバータ(http://www.3rd-sri.com/)を購入しました。
これはプリンターのケーブルを繋ぐ個所に接続し、USBは電源供給のみに使われます。
このスーパーコンバータを使った結果、ダメダメコンバータの時にはAAの中間程のスコアが限界だった譜面(本家では難易度10~11程の同時系譜面、穴R5に近い)が、スーパーコンバータに代えてからはAAAのスコア安定するなど、全体的にスコアが伸びたのです。

BMSでもっと高いスコアを出したいと思っている人は、是非買って実験してみて下さい。
スコアは伸びるはずです。
ただ、性能のいいコンバータを使っている人はスコアはあまり伸びません。
接続法が特殊なので、購入する場合は注意書きをよく読むことをお勧めします。

以上が実験の内容です。
このように、判定幅を変えなくても、コンバータ1つでここまでスコアは違ってくるのです。
所詮これはBMSでの実験結果であって、本家には関係無いだろと思う人もいるかと思います。
その通りかもしれません。
しかし、アーケードが光りにくくなっている原因の1つの可能性としては十分考えられるのではないでしょうか。


ここで、CS beatmaniaIIDXでアーケードの光りにくさを再現する方法を。
かなり複雑で、手間がかかりすぎます。
まず我々ユーザーが、コナミが指定するアーケード並のレスポンスのPS2コントローラー用USB接続コンバータを所持していることが大前提となります。
その上で、ソフトにコンバータ用のドライバをインストールしておかなければなりません。
ソフトを購入後、USBコンバータ経由でPS2コントローラーを接続すれば、アーケードの光にくさは見事に再現されます。
今のアーケードの光りにくさを家庭用で再現するのは非現実的な話です。

しかし、ここで1つの負の可能性を。
それは、CS beatmaniaIIDXがPS3に移植された時の話。
将来PS3の値段が下がり、多くの人がPS3を買うようになれば、PS3での製作も無いわけではありません。
CS beatmaniaIIDXは9th以降音質が向上しましたが、実を言うと、容量さえあれば更に音質を上げることはできるのです。
ついでにムービーの質も。
それで、もしPS3で製作するとなると、PS2のコントローラーも対応させてくれという要望が出てきます。
PS3にてPS2のコントローラーを接続するためにはUSBコンバータを経由するしか無いため、ここで安物のコンバータを選んでしまえば、アーケードのランダムレスポンスを再現してしまうことになるのです。
USB接続であっても、ハードウェア的にしっかり作られていれば、しっかり反応してくれます。
コンバータの値段は高くなるでしょうけど。
常に安さを求めつづけるコナミが、将来、仮にPS3でCS beatmaniaIIDXが製作されるとなった時、アーケードチームが9thの時にしでかしたミスをしないことを祈るばかりです。
[PR]
by extra_schlagwerk | 2006-06-05 06:24 | 音ゲー
<< オリジナルコース gigadelic >>